スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

クサイロッコーサイコーホー

サンレンキゥ、2日目は六甲山行ってきました。

毎年M家の山開きはGWだったのですが、今年は芦屋マラソン定員オーバーで出場できず、ただジョギングするだけなんてつまんねーよな、っつって今年初めて3月に入山してみました。

芦屋川を歩きながら六甲山を見上げた時、六甲山が曇ってる事に気付きました。
やな予感!ちょっと寒いし! いきなりテンション下がります。

でも、最近 L.L.bean で新作の靴買ったばっかりだったのでただそれを履いて山に登りたいというモチベーションのみで登り始めました。

LLbean

いつもどおり高座の滝を経てロックガーデンへ。

つつじと

たぶん、ツツジの仲間だと思うのですがあちらこちらに咲いていました。

椿

そしていたるところに咲いていたのが椿。
椿って古臭くってしょぼい花だと思っていたのですが、まだ寒さの残るこの季節に時折視界に入ってくる赤と黄色のかわいらしい花の様子が青い空に映えてとってもよかったです。

椿は日蔭の寒いところでも育つらしいので、日照時間の短い我が家にはうってつけだと前からマークしていましたが、「イマイチ華やかではない」という理由でなかなか買うまでには至りませんでしたが、冬の寂しい庭にかわいらしく咲いてくれるところを想像するとちょっとにやけてしまいます。

少し前に見た現代版の映画「椿三十郎」でも印象的だったことですし、今年の秋あたりに覚えていたら入手したいと思います。

さて、ロックガーデンを過ぎたらもちろん次は風吹岩。私の日記でも登場したの何度目でしょうか。年々老けていく自分の姿を後から見るのはうんざりですが一応写真撮りました。

風吹岩

風吹岩、めっちゃ風吹いてました。

「これが風吹岩といわれる所以やなー。誰がいい初めたんかなー。」と、おにぎりとかおやつ食べながら体を震わせながら風吹岩の由来について思いをめぐらせたこのときは、この信じられない強風が風吹岩だけに吹いてるのではなく、日本全国で強風が吹き荒れており北海道では29年ぶりの瞬間最大風速を記録し、滋賀県では竜巻注意報まで出ていたことなど知る由もありませんでした。

ちなみに、山に登る前に見た「曇っている」と思ったあの景色が黄砂によるのものだったことも、この時にはまったく気付いていなかったのです。

清見オレンジ さて、風吹岩の岩の間で強風から体を守りながら食べていたのは、最近お気に入りの清見オレンジと原宿ドッグです。
原宿ドッグ
原宿ドッグについては私は何の思い入れも無いのですが、何でもダンナチャンの小学生時代に給食でよく出ていたらしく、当時は「今日は原宿ドッグや!」と大騒ぎだったほどのエース級のメニューだったそうです。

冷凍したまま持っていって山の上で食べた原宿ドッグはまぁ、おいしかったですが地上では特にまた食べたいと思わないので「もうめーむで頼まなくていいからね。」と言っておきました。

奴、めーむでこっそりこれを頼んでいたのでした。かわいいやつめ。

さて、最近はこの風吹岩から何らかのルートで下山していた私たちですが、連休2日目という心理的余裕のせいか、今日はもう少し上行ってから帰ろうかってことになり、とりあえず雨ガ峠まで行く事にしました。

雨ガ峠にもあっさり着いてしまいました。初めて六甲山を登ったときにはこの雨ガ峠まで来るにもヒーハー言っていたものですが、その後六甲山縦走とか、10kmマラソンとか出て変な体力だけは付いたのかなぁ。(体重は当時から10kg増だけどね・・・ここだけの話。ヤベ。)

というわけで、もう少し足を伸ばして久しぶりに六甲最高峰行ってみっかーって事になり、最高峰まで登ってきました。六甲山山頂は931mです。クサイロッコーサイコウホーと覚えましょう☆
最高峰

最高峰からの景色。曇ってはいたものの、なかなか見ごたえありました。風チョー強かったからすぐ下山したけど。
最高峰からの景色

いつもの事ながら最高峰まで行ってからの下山は日没との戦いなので、焦りながら笑いが止まらない足を制御しながらの下りとはいえ気の休めない作業です。すでに腰やら膝やらの筋肉は固まってますし、新しい靴で慣れていない親指の先もじんじんしますし。

しかし、下山の目標を「岡本の王将に行く」事に定めてからは、「チャーハン、ニラレバ、ホイコーロー」と呪文のように唱えながらなんとか無事に乗り切りました。

そして王将へ。
王将

昔は登山の後いつも「ラーメン太郎」などの2号線沿いにあるラーメン屋でご飯食べて帰るのがお約束でしたが、最近岡本に王将があるのを思い出してからはもっぱら王将です。

最高峰まで行くのってものすごくしんどい想い出だったからずっと避けてたけど、結構いいペースで登れたので、また最高峰行きたいです。そして有馬へ抜けて温泉入りたいです。その後バスで帰ってもよし、一泊して己の脚で下山するのもよし・・・。まだまだ六甲山を楽しみたいです。

あと、GWもいいけどまだ少し寒さの残るこの季節に入山したのも新鮮でした。5月にはもう咲き終わっている春の花を今回見られたのは収穫でした。

ちなみに今回もイノシシに遭遇。昔は怖くなかったけど、恐ろしい姿を間近でみてからはウリボーですら猛獣にしかみえないよ・・・。

■ 2006年9月にイノシシに遭遇した時のこと
■ jognote にコース記録してみた。(精度低いよ)

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top