スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

ヒュッテ フォーマサンヒロ

私たちが屋久島滞在中にお世話になったお宿は、屋久島の中の「麦生」というなんともビールが飲みたくなる地名にある、ペンション(?)「ヒュッテ フォーマサンヒロ」というお宿です。
鳩サブレ
 宿全体の雰囲気ももちろん素敵だったのですが、私はこの数々の小物たちに心奪われまくりました。













端置き
 見てください☆このかわいらしい箸置き。お花を活けられるようにちっちゃな管(?)があしらわれているのです。

 この箸置きを考えた人もすごいですが、この小さな箸置きにこんなに小さな花を上手に活けることができるご主人(ご夫婦のうちダンナサマ)が素敵です。







ハイビスカス 庭にはたくさんの花が植えられていて、それがお部屋のあちこちに活けられてるんです。

 花のある生活、ほんっといい!












ルームキー
 お部屋のルームキーすら愛らしいです。














アールグレイ
 朝食の後でゆっくりと(おそらく)アールグレイをいただいたときの器もシンプルでしたが、とっても素敵でどこで手に入れたかのどの奥まで出掛かっていた質問を、ぐっとこらえました。











 こんな素敵なアイテムを揃えてらっしゃるご夫婦はとっても親しみやすくて優しさあふれる感じでした。奥さんは京都のご出身ということで、全体からかもし出される雰囲気に癒されまくりですし、ご主人は元ホテルマンということで(後から雑誌で知りました)言葉にできない安心感が漂っていました。

そしてなんと言ってもご飯がぜーんぶ美味しかったです。

屋久島の貴重な地元の焼酎も置いてあり、ついこの間まで焼酎お湯割りにハマっていた私としては、地元の美味しい魚と一緒に飲みたいのはヤマヤマでしたが、何しろ連日の登山を控えていたので(大げさ)ぐっとこらえてご飯でたくさんのおかずを楽しみました。

白ご飯も美味しかったです。

ヲットも「あれ圧力で炊いてるよな」と最近我が家で覚えたばかりの圧力の味を感想に盛り込んでおりました。

HPによるとリピーターさんも多く訪れている模様。

お勧めです。

そういえば、廊下には本棚があってたくさんの小説やマンガもあったのですが、「黒と茶の幻想」もありました。というか全体的に好きな作家のなつかしの作品があったので、ひそかにご夫婦は同年代かしらん、と妄想。お客さんが置いていくのかな?

次の日早く起きないといけなかったのに、吉田秋生の「YASHA-夜叉-」を読んでしまいました。4巻までしか読めなかったのでいつか続きを読破したいものです。

(ちなみに「地球(テラ)へ」もあったけど、やはり私が中学時代よんだと思われるDreamWalkerのヤツとは違うような気がする・・・)

おっと、いつのまにかマンガの話になってしまいましたが、TVは無くともマンガ読んだり屋久島の雑誌読んだり、忙しかったです。

旅行先のホテルでついついいつも見ているバラエティ番組みちゃってすっかり遠くに来ていることを忘れちゃいがちな事ってありますよね・・・。それもまた長時間ゲームしちゃった後に似た罪悪感感じてしまいます私は。


花がたくさんあって、美味しいご飯が食べられて、窓からの景色はグリーングリーンだし、ホントに癒された旅になりました。

限界近くまで体動かして、温泉入って、ご飯食べて、マンガ読んで寝る。

小学生に戻った気分。

サイコーでした。

■ ヒュッテ フォーマサンヒロ

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top