スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

microSD

Widows7 になってからもちろんメリットもありますがデメリットも無きにしも非ず。

その一つに、携帯データをパソコンに取り込めなくなったことがあります。

携帯データをパソコンに取り込むことなんて無い、と言い切る方もいらっしゃると思います。

私は携帯で撮った写真をパソコンに一度移してからブログにUPしているのです。

じゃあ携帯からブログあげればいいじゃん、とお思いでしょう。


うすうすばれてるかと思いますが、私は携帯よりもっぱらパソコン派なのであります。

携帯メールもあんまり得意ではなく、返事を返さないことや返事したとしても1日後や一週間後などということもあります。(人としてサイテーですね。)

携帯でWEBに接続することにも抵抗があるため(料金プラン的に割高ゆえ。)携帯からブログアップするという発想もなし。

というか外で携帯見るのって通勤電車の中だけなのでいまいちつながり悪く。

まぁそういう理由で携帯の画像いったんPCに取り込む、という作業が発生するわけです。


で、私の愛用している SoftBank 70SC by SAMSUNG は画像と取り込むためには付属のDATA LINK CABLE を利用してUSB接続でパソコンと接続するわけなのですが、Windowos7 では当然ドライバがないとデバイス認識しません。

そこでメーカーサイトを検索します。

SAMSUNG のドライバ、XPとvista用しかなかった・・・。

それじゃ、アダプタかっちゃるけん!と意気込んだものの、
microSD<miniSD<SD<CFカード<PCカード
ってすごいマトリョーシカになっちゃう模様。

そんなときに見つけたのがコチラ。(アフェリエイト契約してるわけじゃないよ)
パッケージ
オウオウオウオウ、これぞ私が求めていたモノではないか。
しかも800円というお手軽さ。

もちろん、ソッコークリック、即効お届け。

Amazonさん素敵☆
microSDリーダー
 ちっちぇー!

 microSDをUSBの接続部に挿入してパソコンに接続しますねんコレ。

 パソコンにささっててもちっちゃすぎて気づきませんぜ。

 てなわけで、私の小さな悩みは800円で解決することができ、今も問題なく携帯データを手軽にPCで扱えている次第でございます。




ちなみにWidows7はビデオカメラで撮った動画を何のソフトのインストールも無く、いきなり認識することができ、データを取り込むや否や再生できるというミラクルな機能が搭載されています。

長年愛され続けたXPのサービスが終了するのは悲しい事ですが、それなりにメリットもやはりありますので今後も7のこと、ちょっとずつ知っていきたいもんです。

おまけ。
各種メモリ

 ウチの机の引き出しにあったメモリたち。

 microSDちっちぇー!

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

じゅんち

2010/06/10 10:39 AM

DLしたのはもちろんSamsung Pc Studio 3だよ。
だがしかし、Bluetoohe内臓PCではなかったんだよね。デバマネみたけど。
ちなみにアタイ携帯も赤外線通信ついてなし、QRコード読めないという結構不足した状態。ま、ぜんぜん不便ではないのでやはり買い換えないのだけれどもね。
でも別途ipadはぽちいな・・・。ボソ。

oliviajun

2010/06/08 10:24 PM

Samsung Pc Studio 3つーのがあって、それならWin7で使えるよ。アタイはラッキーにもBluetooth内蔵だからSyncもケーブルレス、ひゅー

じゅんち

2010/06/07 11:46 PM

今さ、”このオペレーションシステムはサポートされていません”って出たけど無理矢理Samsung PC Studioインストールしたらできた。(途中で7に適合するようにインストールするみたいなMSG出た)
だけどさ、やっぱり残念なことに前のパソコンもNEW_PCもBluetooth内臓じゃなかった模様。NoPortってさ・・・。
がっかりだよ。

じゅんち

2010/06/07 11:18 PM

残念ながらBluetoothでデータ転送するにもパソコン側にSamsung PC Studioっていうソフトが必要なんだけどさ、それがまた2000/XPのみ対応なんだよね。
っていうかおんなじ携帯持ってたよね?(笑)

oliviajun

2010/06/07 10:28 PM

NewPCってBluetooth内蔵じゃねーの? 内蔵だとひょいと写真転送できるよ。簡単じゃの

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top